旅客機のことについて

・旅客機≒安全
・旅客機≒揺れない乗り物
・離陸速度
・滑走路の長さ
・旅客機の後進


 
旅客機≒安全

 日本の空は、世界の中では比較的に最新の機種を飛ばし最先端の技術で運営などをして安全といわれています。最近は、いろいろトラブルがあって安全とはいいがたいのですが・・・。

旅客機≒揺れない乗り物

 旅客機、そもそも飛行機って揺れない乗り物なんですね。うそつけ!と突っ込みたい人もいるかと思いますが、空を飛ぶから、車みたいに建物や対向車・人などの障害物もなく、車は道路ががたがただとけっこう揺れますが飛行機は飛んでいる時は地面はどうかは関係なしです。だから、揺れないと言われているが天気によっては揺れてしまう。仕方がないですね。

離陸速度

 皆さんは旅客機が離陸する時の速度はどれくらいか知っていますか?だいたい新幹線の最高速度約260km/hで飛びます。たった数十秒で新幹線の最高速度に達するとは恐ろしく速いですね。

滑走路の長さ

 まあそれは置いといて、滑走路はどれくらいの長さか、といいますと3000mが普通?かな。3000mあれば国際線除く国内線のほとんどは離着陸すること可です。3キロって、ある学校のマラソン大会で走る距離とほぼ一緒ですよ。そんな長さで新幹線の最高速度まで達してしまうとは・・・。

旅客機の後進

 ところで、旅客機は自らバックで動く事が出来ると思いますか?ちょっと調べてみました。そうしたら、何とバックすることは可だそうです。《出来る(許可)されている機種が限られていますが》普通、バックする時は、トーインイングカーという車で飛行機を押してバック?させます。ではなぜ「普通」は、しないのでしょうか?それは、バックする必要が日本にはないから。しかも、バックすると危ないからだそうです。日本は滑走路から乗客が乗り降りするところまでしっかりと誘導する道がありますので、バックする必要はないです。でも、発展途上国では誘導員付きで着陸するとバックする事はよくあるそうです。飛行機の地上での自力バック走行一度で良いから見てみたいですね。

旅客機って、ある意味すごいかも。
ここでの記事の内容は全て正しいとは限りません。
間違い等ありましたら、コメントで御指摘していただけるとうれしい限りです。

上のことはインターネットで調べると分かりますのでご安心下さい。私もこれで調べた上での知識で書きました。

[PR]

by yako3ta | 2006-03-24 23:50 | 趣味・文化・芸術・学問 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yamko7.exblog.jp/tb/1415017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 小説行ってみよう!    写真 雨の中の京王線  >>