「おがさわら丸」凄い!

おがさわら丸[709275] - 写真素材
(c) okgeoストック写真 PIXTA


 こんばんは。
 本土と小笠原諸島の父島を結ぶ貨客船である、小笠原海運の「おがさわら丸」の凄い動画を挙げたいと思います。





fujikochan27「おがさわら丸出航」http://www.youtube.com/watch?v=v5UkQY_g9VM( 2009/02/01)

  この動画は父島を出航するところの動画ですが、海が荒れて船が揺れているにも関わらず、出航するんですね。この揺れの状態で25時間以上乗っていると思うと、厳しいですね。

 本土と小笠原を結ぶ唯一の公共交通手段のせいか、基本的に台風が来ても欠航しないよう配慮されているそうです。そのため、本土と伊豆諸島を結ぶ船が欠航しても、この船だけは動くこともあるそうです。


teamumiken「おがさわら丸を台風12号が直撃!」http://www.youtube.com/watch?v=IlqjxLYkQ1o(2010/10/12 )


 台風が直撃しているときに乗られた方が撮られた動画ですが、嵐の中堂々と進むなあと驚きです。船長さん、クルーの方々は必死だったでしょう。撮影された方はお疲れ様です。



 ランキングに参加しております。
 以下をクリックして頂けると嬉しいです。
 *悪質サイトではございません。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 応援ありがとうございます!

7月7日は七夕でしたね。
[PR]

by yako3ta | 2011-07-08 01:37 | 趣味・文化・芸術・学問 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://yamko7.exblog.jp/tb/16241976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by せいパパ at 2011-07-08 06:03 x
これは凄い映像ですね
台風が来ても出港するなんて
乗員乗客とも生死をかけた戦いである事は
動画から伺えました。
私に父親も某フェリー会社の乗務員でしたが
流石に台風が直撃する時は欠航でした。
Commented by タミリン at 2011-07-08 10:49 x
自然の力は凄いですね。。。
船長さんも凄い!!
Commented by ブルー・ブルー at 2011-07-08 14:55 x
私、博多港から壱岐まで4時間くらいだったかのフェリーで、船酔いしましたよ。
帰りは友人と3人、フェリーの予約をキャンセルしてプロペラ機で帰りました(涙)
応援☆☆
Commented by yako3ta at 2011-07-09 00:05
せいパパさん、コメントありがとうございます。
本当によくもこんな状況で動けるなあと思いますよね。
乗客も必死ですね。
毎回毎回そのような揺れがあるわけでは無く、
天気によって左右されてしまうので、
もし乗るとしたら、天候など注意した方が良いですね。
Commented by yako3ta at 2011-07-09 00:06
タミリンさん、コメントありがとうございます。
船長さんの判断は本当に凄いですよね!
Commented by yako3ta at 2011-07-09 00:08
ブルー・ブルーさん、コメント・応援ありがとうございます。
プロペラ機の方が船と比べて速いので、
揺れる時間は短いですね。
船酔いも良い思い出になるのでしょうかね。
Commented by ブルースカイ at 2011-07-10 00:00 x
こんばんわ(^^)
そうなんですよね。これが唯一の足なんですよね。
飛行場もないって聞きますし、30時間掛かっても、この便が欠航することは島にとって大打撃ですもんね。

それにしても凄い状況でも進むんですね~。

応援です♪
Commented by サム at 2011-07-10 08:01 x
唯一の交通手段とはいえ、
台風がきていても欠航しないなんて、
ちょっと危険すぎる気が・・・。
事故が起きなければいいですが、
悪天候の時に乗るのはちょっとムリですかね。
Commented by yako3ta at 2011-07-10 15:10
サムさん、コメントありがとうございます。
確かに、危険なような気がしますね。
悪天候時には注意が必要ですね。
Commented by yako3ta at 2011-07-10 15:11
ブルースカイさん、コメント・応援ありがとうございます。
これが唯一の足だからこそ、
こんな厳しい状況でも動かなければならないんですね。
こんな状況で耐えられたら、誇れますね(笑)

<< 今日も暑く、空は青かった エア...    10.09 比叡山 高野山へ 20 >>