素直な心

今世間では、いじめという言葉にとても敏感となっております。
いじめというのは、教育現場だけではなく他の場面でも当然あります。
いじめる人といじめられる人は何が違うのか。性格が違うのは当然ですが、
私は、素直な心をもっている人の方がいじめられやすいのではないかと思います。
理由は説明したいのですが、私の語彙力の無さと表現力が乏しい為、
上手くは説明出来ないので、皆さんの想像(イマジネーション)におまかせします。
素直な心も大切だが、少しでも良いから捻くれた考えを持ったほうが良いと思います。
まあいじめというのは決して無くならないですね。。。

日→英 yahoo翻訳使用  無茶苦茶でご了承下さい。
所詮、機械翻訳ですから。
At a this world interval,
I become very sensitive to words of bullying.
Naturally there is bullying in not only an educational front but also other scenes.
What is a tormented person different from a person to torment in?
It is natural that character is different,
but I think that a person having an obedient heart may be easy to be tormented.
I want to explain a reason,
but leave it to imagination (imagination) of in what I cannot explain well because lack and power of expression of my vocabulary are poor.
I am important for an obedient heart,
but think that I had better have a twisted thought
because I am slightly good.
There is at all bullying.
[PR]

by yako3ta | 2006-12-17 23:22 | 日記・コラム・つぶやき | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yamko7.exblog.jp/tb/4079111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2006-12-18 20:42
う~ん、少し重い話題。
人間が生き物である限り、イジメはなくならないと思います。
人間だからイジメと感じるだけで、自然界の生き物であれば、
生きる為の方法、相手を蹴落とす、ということですから、
人間であっても、基本的にそういう感覚があるはずです。
それが形になるとイジメになると思います。
だから、生き物である限り、イジメはなくならない、と思います。
Commented by yako3ta at 2006-12-18 21:05
j-garden-hirasatoさん、コメントありがとうございます。
確かにそうですよね・・・。

<< おはようございます    心の都「京都」へ行ってきました。 >>